就職支援の制度を上手に活用する

就職支援の制度を上手に活用する

就職支援の制度を上手に活用する

就職希望者をサポートするための国の政策として、不景気で仕事が見つからない人のためのものがあります。就職を助けるため、厚生労働省は求職者支援制度を制定しています。新しい就職先が見つからないという人のために職業訓練によるスキルアップを促進するための制度が、求職者支援制度と呼ばれるものです。職業訓練を無料で利用できるように制度ではしています。世帯の資産や収入、当人がどのくらいの収入があるかによって、職業訓練を受けるために必要な給付金が出る場合もあります。ハローワークでの就職活動と職業訓練による技術力の向上によって、自分に合う仕事が見つかるようサポートします。求職者支援制度は、ある条件をクリアしている特定求職者のみが使えます。雇用保険の被保険者や受給者は、この精度を利用することができません。就労の意欲があってハローワークに登録していることや職業訓練支援を必要としているとハローワークで認められていることが条件です。職業訓練に要する期間は三カ月~六カ月です。ハローワークと連携している民間の訓練機関で所定のコースを受けます。厚生労働省のホームページを確認することで、職業訓練の内容を知ることができます。求職者支援制度は、働きたいという意志を有している人ならば使える制度です。この支援を利用することで、就職したいという目的を達成していきましょう。

スカウトや紹介による転職について

なぜ転職をしたかは個々人の事情により異なりますが、スカウトも理由の一つとなっています。同じような仕事をしている会社から、うちの会社で働かないかと言われて転職をするのがスカウトです。管理職を必要としている企業が他社の管理職についている人を引き抜いたり、外回りの営業職がスカウトされたりします。社外の人とビジネスを通してつき合っていくうちに人材としての価値を認められて、スカウトに至るという話はそう珍しいものではありません。誘いをかけているほうは、声をかけられた人が転職したくなるように給与を今より高くしたり、希望のポストを提供したりします。スカウトされて行った先の会社が、より給与が高く、自分の能力を活かせる場所であれば、望ましい転職になります。かつて会社の同僚だった人や古くからの友人が会社をつくって人手を必要としているからと転職話を持ちかけられたりします。お世話になった人や恩のある人に頼まれると嫌とは言いにくいこともありますが、ここは妥協せずに十分に検討をする必要があります。知人からの紹介による転職の場合、実力を見込まれたというよりも、頭数を揃えたいという理由で呼ばれることもあるでしょう。スカウトとは違って、能力を乞われて行くというシチュエーションではないこともありますので、じっくり見極めましょう。スカウトでも、知人の誘いでも、自分にとってプラスの話なのかどうかは、自分で判断をした上で行動することです。もしも、スカウトや知人のつてで転職をすることになったとしても、最後に決断を下すのは自分だという自覚を持って十分に考えましょう。

職業の種類から仕事を選ぶ方法

つきたい仕事について大まかなビジョンをまとめることが、就職活動をするための第一ステップです。現在、日本国内にはおよそ400の仕事がいるといいますから、そこから一つをチョイスするのは大変です。消去法や条件の抽出によって、数ある仕事の中から、自分の仕事は何が一番いいのかを、見つけ出すことが大事になります。人間が成人すると仕事をするのは、生活費を稼ぐためです。そのため、給料の高い企業は人気があります。高い給料の職業といえば、医師などの専門的な知識を必要とするものが多いです。もしも、もう専門的な事柄は頭にしっかり入っているのであれば、その専門性を活かして仕事を探すといいでしょう。安泰だと思われていた企業が潰れたり、人員整理をされることも珍しくありません。公務員になることによって、安定した仕事を得られるという考え方もあるでしょう。具体的に何の公務員になるかは、情報を十分に集めて、採用試験についても知る必要がありますので、準備をすることです。子どものころから憧れていた職業につくという人や自分の能力が活かせる仕事につく人もいます。海外で働く職業もあれば、工場で商品を製造する職業など、生活に関わるものまで仕事はいろいろあります。仕事探しは、人生を左右する重要なテーマです。どんな職業があるか、興味があるものを調べてから、これはというものを選択しましょう。

 

Webデザイナー なるにはオンラインスクールがいいね!

トップへ戻る